オフショア法人設立

オフショア法人設立

オフショア法人設立こそが貴方の資産を保護できる最強の解決策です。

9.11テロ以降、個人名義ではプライバシー保護は万全とはいえなくなっています。特に日本在住者におかれましては、2014年に施行された「国外財産調書」の提出義務を皮切りに、「国外転出時課税制度」「財産債務調書制度」「金融口座情報自動交換(通称CRS)」等、個人名義では多くのリスクがあるのが明らかです。タックスヘイブンでの会社設立、つまりオフショア法人設立こそが貴方の資産プライバシーを保護し、第三者からの追跡を避けるための最強の解決策となります。

ほとんどのオフショア法人では取締役及び株主の情報が政府に登記されません。

オフショア法人設立のメリットとして、まず第一には課税される金額が少ないということが挙げられますが、その他にもプライバシーを保護しやすい制度上の利点があります。事実、ほとんどのオフショア法人では現地エージェントの情報のみが政府に登記され、取締役及び株主の情報が政府に登記されることはありません。オフショアを制度として設定する国・地域にとっても、オフショアの制度によって外国人の資金が集まってくることは安定した外貨の獲得や経済の安定などメリットは大きく、また、これらの国や地域では資産の運用や管理といった業務が主要産業の一つとして成長してきています。

オフショア法人を活用することは貴方にとって賢明な判断となるでしょう。

オフショア法人設立は合法であり、ヨーロッパなどでは既に百年以上も前から認められている個人の当然の権利です。お住まいの国で金融破綻、経済破綻、預金封鎖、デノミ等の重大問題が懸念される場合でも、資産をあらゆる第三者から守ることができます。もちろんオフショアで設立した法人は世界中で合法的に事業活動が可能です。アップル、グーグル、アマゾン、マイクロソフト、スターバックスといった多国籍企業もタックスヘイブンを利用してしています。経済の先行きが不透明な今こそ、オフショア法人を活用することは貴方にとって賢明な判断となるでしょう。

メーリングリスト登録

ご検討中の方や、オフショア法人設立にご興味のある方は当社メーリングリスト(無料)にご登録ください。シークレットキャンペーン等、お得な情報をお送りいたします。