デラウェア州の会社には在職証明書が必要ですか?

起業には山ほどの書類を提出する必要があり、企業用語の流暢さによって多かれ少なかれ難しいものもありますが、優先すべき文書が 1 つあるとすれば、それは在職証明書とデラウェア州の会社の経営に関わるダイナミクスです。 。 この記事では、在職証明書の重要性について説明し、その要件を効果的に遵守する方法についての洞察を提供します。

デラウェア州の在職証明書
在職証明書とは何ですか?
在職証明書は、会社の役員、取締役、または株主を証明する公式文書であり、主に有限責任会社 (LLC) または株式会社によって使用されます。

この証明書の別名には、役員証明書、取締役名簿、役員証明書、秘書証明書などがあります。

注:新たに在職証明書を作成した場合、以前の在職証明書は無効となります。

在職証明書はどのような場合に使用する必要がありますか?
デラウェア州の在職証明書は、4 つの状況において企業または LLC に代わって法的に決定する権限を誰が持つかを識別するのに役立ちます。

ビジネス取引の締結または公式文書への署名のため
権限のない署名担当者が他の当事者と契約に署名すると、契約は無効(無効)になります。 このとき、署名者の権限を証明するために在職証明書が役に立ちます。 これは、国境を越えて、またはデラウェア州外にビジネスを拡大する場合に特に重要です。

LLC との連携を希望する組織は、パートナーシップを結ぶ前に、組織内の誰が LLC と契約を結ぶ権限を持っているかを知る必要があります。

この文書には社印が押されており、企業秘書が保管しているため、第三者はその合法性と信頼性を安心することができます。

銀行口座の開設
デラウェア州の企業の銀行口座の開設は、この証明書を必要とする重要な活動です。 当座預金口座またはビジネスバンキング口座の開設をご希望の場合、銀行またはその他の金融機関は、認定代理店について問い合わせます。

在職証明書は、州法に基づいてビジネスを確立する他の法的文書とは別に、新しいアカウントを作成するための要件です。 これにより、銀行は、ビジネス口座を開設する人が承認されていることを確認することが容易になります。

たとえば、あなたが取引のために銀行を訪れた会社の社長であるとします。 あなたの名前と(社長の)役職が文書に記載されているこの証明書を銀行に提示できます。 こうすることで、銀行はあなたが法定代理人であることを認識します。

議事録が有効であることの確認
Minute Book には、年次報告書、細則、株主や取締役の決議、会議などの重要な文書がすべて記録されます。 議事録に署名した役員を検証する必要がある場合、在職証明書が役に立ちます(通常、政府機関または監査人が有効性を確認する必要がある場合)。

在職証明書にはどのような情報を含める必要がありますか?
最初のものは、どこの会社を代表して秘書の名前を紹介し、次の署名が真実であると主張する秘書の導入文です。 詳細については、この Certificate of Incumbency LLC のサンプルをご覧ください。

その後、ビジネスを代表して契約する権限を持つすべての会社メンバーが提示されます。 文書には、社長、CEO、株主、役員、財務担当者、登録代理人の名前、役職、署名用の空白スペースを含める必要があります。 もちろん、秘書も文書に署名する必要があります。

各権限のある職員の署名は、権限のない当事者が署名を偽造しようとした場合に比較するための参照として機能します。 そのため、会社に代わってあらゆる怪しげなビジネス取引を阻止します。

証明書の最後には会社の印鑑が押されます (前述のとおり)。

在職証明書を取得するにはどうすればよいですか?
プロセス
Incumbency LLC の証明書を取得するには、次の 2 つの主な手順でこのプロセスを簡素化できます。

草案を作成するためのすべての情報を準備します。プロセスを迅速化するために、権限のある人の完全なリストを草案する必要があります。 通常、この仕事は会社秘書が担当します。

会社の議事録を作成して提出します。これは、誰が契約書に署名または締結する権限を持っているかを確認するため、提出する必要があります。

在職証明書に署名するのは誰ですか?
署名権限を持つすべての当事者(通常は秘書または指定された会社役員)は、自分の名前に署名し、印刷する必要があります。 そして最後のステップは、会社の秘書が最後に署名して契約書に署名することです。

オフショア法人設立はこちらから