SVG経済実体ルール – 2022年注目の大論点

セントビンセントおよびグレナディーン諸島(SVG)の企業では、大規模な法改正が行われましたが、その主な理由は経済的実体の施行によるものです。

本日の記事では、SVGにおける経済的実体の要件について概要を説明します。

SVGでビジネスを行う起業家は、2021年1月1日から新規事業体に、2021年7月1日から既存の事業体に適用されるため、できるだけ早く新しい法律の適用範囲に入るかどうかを評価する必要があります。

1. 経済的実体の背景
2017年12月、欧州連合行動規範グループ(EU CCG)は、税の透明性、公正な課税、およびBEPS(Base Erosion and Profit Shifting Standards)対策の実施といった分野を検討し、非協力的な法域のブラックリストを公表しました。

ブラックリストは合計17カ国で構成されています。しかし、EUはこのリストを毎年見直し、EUが合意した基準に対するコミットメントとコンプライアンスを示した国を除外しています。

公正な課税に関する基準では、「管轄区域における実際の経済活動を反映しない利益を引き寄せることを目的としたオフショア構造または取り決めを促進してはならない」とされています。

その結果、SVGを含む多くの伝統的なオフショア管轄は、EUの世界的な税の透明性政策への取り組みを強化するために、いわゆる経済的実体の規則を導入しなければならなくなったのです。

新しい状況に適応するために、いくつかの修正と法律が導入されました。例えば、外国人投資家にのみ適用され、居住者には適用されない免税措置は廃止されました。

2. SVG の経済的実体の要件
SVG は、経済的実体に関わる独自の法律とガイダンスを導入しています。主要な要件は、OECDとCCGの勧告に概ね基づいています。

SVGの経済的実体の要件は、3つの段階に分けることができます。

ステージ1:経済的実体の要求事項の範囲を特定する。

ステージ2:「適切な物質」テストを満たす

ステージ3:経済的実質の実施に準拠する

ステージ1:経済的実質の要求事項の範囲を特定する
SVGの経済物質規制は、あらゆる評価期間において「関連する活動」を行う「関連する事業体」に適用されます。

除外された事業者」以外の「関連する事業者」は、一般的に以下のように定義される。

会社法の意味における会社。
SVG で登録された外国企業、または
事業会社(修正および統合)法の意味における会社。
SVG において「関連する活動」を行うもの。関連する活動」とは、一般的に以下のような種類の事業を指します。

銀行業
流通およびサービスセンター
金融およびリース
資金管理
本部
持株会社
保険事業
知的財産権保有
海運業
知的財産保有事業者は、次のように定義される「高リスクの知的財産保有事業者」に該当するかどうかを検討する必要があります。

(1)知的財産権保有事業を行う企業で、以下のように定義される。

(1) 知的財産保有事業を行う企業で、グループ企業から、またはSVG以外の国にいる別の人物による研究への資金提供のために知的財産資産を取得する。
(1) 知的財産を保有する事業を行う企業で、知的財産をグループ企業から取得し、またはSVG以外の国に所在する他の人物による研究資金として取得し、1つまたは複数のグループ企業にライセンスし、または外国のグループ企業が行う活動に関連してその資産から収益を上げる企業。
(2) SVGにおける中核的な所得創出活動の一環として、研究開発またはブランド化および流通のいずれをも行わない事業体。

ステージ2:「適切な実体」テストの充足
経済的実体の要件に該当し、関連する活動を行っていることが確認された場合、その企業は、SVGにおいて「適切な実体」を有していることを証明する必要があります。

適切な実体」要件は、一般的に以下のことを要求します。

SVGにおいて指揮・統制が行われていること。
SVGで発生する活動レベルに相当する適切な従業員、施設、支出を有していること。
SVG において Core Income Generating Activities(「CIGA」)を行っていること。
上記の各項目には、主にCIGAとアウトソーシングに関する追加基準が適用されます。具体的には、関連事業者は、その活動がSVGで実施され適切に監督されており、そのアウトソーシング活動が関連事業者の所得創出にのみ起因する場合、CIGAをアウトソーシングすることができます。

また、高リスクのIP企業や純粋持株会社には特定の規則があり、特定の基準の証拠能力が要求されます。

高リスクの知財会社については、以下のことを十分に証明する必要があります。

知的財産の開発、利用、維持、保護に対して十分な支配力があること。
SVGにおいて知的財産を行使する十分な数の有資格正社員を有していること。
純粋な株式持株会社は、軽減された「十分な実体」テストを受けるものとします。

オフショア法人設立はこちらから