パナマ法人を設立する。パナマ法人設立の理由と方法

パナマ法人は、有利な税制環境と企業のプライバシーを重視する法制度がある地域でビジネスを行いたい方にとって理想的な手段です。

パナマは、過度な手続きを省き、簡単な登録手続きを採用しているため、設立は比較的簡単です。国籍に関係なく、2人の加入者が公簿に定款を提出することで法的な存在が始まります。

ただし、商業・産業目的で法人を利用する場合は、関係当局の認可を受ける必要があります。このガイドでは、法人設立に至る法的側面だけでなく、法人設立後の様々な活用方法や留意点について、包括的な視点を提供することを目的としています。

1. パナマ法人とその主な用途
株式会社は、1927年法律第32号に基づき、一連の法的手続きを経てパナマの公簿に登録できる事業体の一種であり、特に、パナマの公簿に登録できる事業体の一種です。この法人は、現地では “Sociedad Anonima”(匿名組合)と呼ばれていますが、国際事業会社(IBC)と呼ばれることもあります。

この法人はパナマにおける標準的な法人格であり、国内外での利用が可能です。つまり、オフショア法人は個別の法人格のバリエーションを持ちません。これは他のオフショア法人にはあまりない、比較的ユニークな特徴です。

これは主に、商業取引、不動産保有、オフショアレパトリに関する戦略的な税務計画、リスクの高いビジネス取引から株主の個人責任を切り離すなどの事業活動に利用されています。

このような柔軟な法人形態が可能な理由は、広範な企業プライバシー法と銀行機密法が相互に作用しているためである。例えば、企業、信託、財団に関する情報の文書化と開示には厳しい規制が適用され、違反した場合は民事・刑事上の罰則が科される。

さらに、日本、ベルギー、イギリス、カナダなどとの租税条約のネットワークがある。パナマは、日本、ベルギー、英国、カナダなど、他の繁栄している経済圏と租税条約を結んでおり、これらの地域の市民は、パナマで会社を設立する際に、より高いプライバシー保護が受けられます。

2. パナマで法人を設立すべき理由
パナマ国旗

2.1. 税制優遇措置
税制上の効率性は、どのオフショアでも必ず要求される特徴ですが、パナマも例外ではありません。パナマは、領土主義を採用しており、パナマの居住者であるかどうかにかかわらず、国内源泉の所得のみが課税されます(税引き後25%の固定率で)。事業体の居住地は、源泉徴収税(WHT)の適用を受けるかどうかを判断する際にのみ関係することに留意してください。

パナマ・パシフィック(Pacifico)経済特別区(PSEA)やコロン・フリーゾーン(CFZ)のようなフリーゾーン内で事業を行う企業は、様々な形で税制上の優遇措置を受けることができます。各フリーゾーンには、貿易を促進するための独自のアプローチがあり、その結果、それを達成するために互いに異なる税制上の優遇措置が採用されています。

2.2. 機密保持と資産保護
ソシエダが株主のために提供できる保護メカニズムとして、「コーポレート・ベール」と呼ばれる概念が存在します。具体的には、会社は義務と権利を担う同じ能力を持つ別の法人として数えられるため、株主の個人資産はあらゆる訴訟や政府の差し押さえから保護されます。

PIF(プライベート・インタレスト・ファンデーション)は、自国のCFC(統制外国法人)法を回避できるため、資産保護や財産設計を強化したい人に人気のある事業体です。

この法人は、直接事業活動を行うわけではありませんが、現在運営されている他の事業の株式を保有しています。また、銀行口座や証券取引口座など、資産価値を高めるための金融活動を行うことができる。

2.3. 高い財政力
パナマは分散型銀行システム、すなわち中央銀行がないため、為替管理がなく、配当、利子、支店利益、ロイヤリティを含む海外への送金に上限がない。

バルボアは州の公式通貨で、米ドルに対して1:1で固定されており、世界的な金融危機から財政を安定させ、インフレを可能な限り低く抑えています。

3. パナマでの法人登記の方法
パナマ法人の登記

3.1. 法人詳細
加入者 前述したように、登録手続きを開始するためには、この宗派の人が少なくとも2名いなければなりません。さらに、パナマ人でなければならないという条件はありません。

オフショア法人設立はこちらから