アンギラ経済実態の要件。コンプライアンスを維持する方法

アンギラは、2019年にEconomic Substanceルールを導入しました。これらの要件は、現在、管轄区域で関連する活動を行う特定の事業体に課せられています。

特に、これらの事業体は、経済的実体のテストを満たし、現地の登録機関に年次申告を行う必要があります。

1. アンギラの経済的実体の要求事項の紹介
多くの国・地域は、行動規範グループにより、有害な税制があると評価されています。その結果、EUの「税務目的非協力的司法管轄権リスト」に含まれています。

このブラックリストに掲載された国・地域は、より厳しい管理措置の対象となり、経済の足かせとなることが予想されます。

これに対し、アンギラは、EUのブラックリストからの除外を目指し、経済的実質(ES)要件を実施するために、一部の法律を改正しました。これらの要件は有効でした。

対象範囲内の新規事業体については2019年1月1日から、既存の事業体については
既存の企業については、2019年7月1日から。
2. アンギラ経済物質規制の適用範囲
ES要求事項は、アンギラで関連する活動を行う特定の種類の事業体に課されます。

事業体には以下が含まれます。

会社(国際事業会社、LLCを含む)、および
有限責任事業組合
関連する活動には以下が含まれます。

銀行業(現地の銀行法に定義されています)。
保険(現地の保険法に定義される)。
ファンドマネジメント(投資ファンドへの運用サービスの提供)。
金融およびリース(与信枠の提供、土地のリースを除く)。
流通・サービスセンター(グループ内の他の事業体から購入した製品を販売したり、グループ内のサービスを提供すること)。
海運(海運に関連する活動を行う)。
本部(グループまたはグループ内の他の事業体へのサービス提供)。
知的財産権(IP)事業(知的財産権資産の貸与または販売)。
持株会社(配当やキャピタルゲインを得るために株式を保有している)。
貴社がアンギラES規則の適用を受けるかどうか不明ですか?当社のオンライン経済的実体の自己評価ツールをお試しください。

3. アンギラの経済的実体の要件からの免除
関連する活動を営んでいるにもかかわらず、アンギラの企業やリミテッドパートナーシップは、以下の条件を満たす場合、ES要件を免除される可能性があります。

他の法域で管理・統制されている、または関連活動を実施している。
その法域の法人税率が10%以上であること。
その管轄区域の法人税率が10%以上であること、その管轄区域の税務上の居住者であること。
これらの会社やリミテッドパートナーシップは、他の管轄区域に税務上の居住者であることの証明(例えば、他の管轄区域の税務当局に既に提出された確定申告書を提出するなど)を現地レジストラに提出する必要があります。

4. アンギラ経済実体要件
アンギラで関連活動を行う事業体は、免除されない限り、以下のことが要求されます。

経済的実体のテストに合格すること
経済的実体の申告書を登録機関に提出する。
4.1. 経済的実体のテストに合格すること
ESテストを満たすことにより、企業は、登録決定時に、オフショア構造を利用して利益の最適化のみを目的とするのではなく、真の経済価値を管轄地域にもたらすことを証明します。

保有事業とリスクの高い知的財産事業を除き、すべての関連する事業が一般的なESテストの対象となります。ホールディングビジネスのテストは軽く、ハイリスクIPビジネスのテストはより厳しくなります。

一般的な経済実体テスト

対象事業者は、以下の3つの条件を満たすことでテストを満たすことができます。

(a) アンギラ国内に滞在する十分な資格を持った従業員、十分な営業経費、十分な物理的資産(賃貸または所有)を有していること。

(b) 中核的な所得創出活動(CIGA)を行っている。関連する各活動には、それぞれ異なるCIGAグループがあります。これらの活動は、第三者がアンギラで十分な資格を持つ従業員と物理的な資産を持っている限り、第三者に委託することができます。

(c) その精神と経営がアンギラにあること。具体的には

取締役/パートナーが十分な資格を持っている。
取締役会/パートナーの会合は、十分な数の取締役/パートナーの参加を得て、公正な頻度でアンギラで実施されていること。
すべての取締役会の議事録と会社/パートナーの記録がアンギラで保管されていること。
アンギラには、経営に十分な場所(賃貸または所有)がある。
CIGAをアウトソーシングしている場合、十分な監督があること。
保有事業に関する経済的実体のテスト

株式のみを保有する会社またはリミテッドパートナーシップは、以下の場合にテストを満たします。

(a) 法令に定められたすべての申請要件を満たしていること。

(b) 持株活動を管理するのに十分な人的資源と施設をアンギラ内に有している。

他の種類の収入(利子、家賃、ロイヤルティ)がある場合、CIGAはそれらの収入に関連する活動であり、会社は上記のテストの対象とはなりません。

オフショア法人設立はこちらから