バハマ経済実体。要件と報告ガイダンスの概要

経済実体規制は、ベリーズ、マーシャル諸島、アンギラなど、さまざまな法域で実施されています。バハマも例外ではなく、多くのオフショア国で広く適用されている法改正です。

バハマ・インターナショナル・ビジネス・カンパニー(IBC)が最も一般的な法人として、オフショア法人設立の人気スポットとなっており、バハマは税の透明性を最優先しています。

バハマの経済的実体の要件は、2019年1月1日から施行されました。この記事は、バハマのインスコープ企業が、いつ、どのように要件に準拠し続けるかを知るのに役立ちます。

1. バハマの経済的実体の概要
多くの理由から、バハマの「タックスヘイブン」は世界中の起業家が最も検索する用語の1つとなっています。

実際、同国は2019年に欧州連合(EU)により税務上の非協力的な司法管轄としてブラックリストに掲載されました。しかし、EUはバハマをEUの課税基準に完全に準拠させることで、2020年にリストから削除しました。

多くの「オフショア税務構造による利益移転」管轄による有害な税慣行の抑制におけるEUとOECDのアプローチに反応し、バハマはThe Commercial Entities (Substance Requirements) Act, 2018 (CESRA)を導入しました。CESRAの次は、ガイドラインが登場し、2019年2月に官報で発表されました。

これは、バハマ政府が物質に関するEUの政策に対するコミットメントを強化するための際立った取り組みの1つです。バハマ国内で事業活動を行う事業者は、同法に定められた規制を遵守する必要があります。バハマCESRAは、バハマの経済的実体の適用性、営利事業体の報告要件、およびコンプライアンス違反の事業体に対する可能な罰則について解説しています。

以下では、バハマの経済的実体の規則の適用対象や遵守方法について掘り下げて説明します。

2. バハマ経済実態法の適用範囲
バハマ経済実体法は、1つ以上の関連する活動を行う営利事業体に適用されます。このような「含まれる事業体」は、バハマにおいて一定の実体要件を満たすことが求められています。

バハマCESRAに規定される商業主体とは、以下の法律に基づいて設立、登録、継続された企業を指します。

会社法、およびそのパート VI に基づいて登録された外国企業を含む。
国際事業会社法
パートナーシップ法
パートナーシップ有限責任法
免責有限責任事業組合法
世界のES管轄地域の他の実体法と同様に、関連する活動は、上記のように、以下の9つのカテゴリーの事業活動をカバーしています。

銀行業
銀行業 保険業
銀行業 保険業 資金運用業
金融・リース業
本部事業
海運業
物流・サービスセンター事業
知的財産権事業
ホールディングビジネス
バハマの知的財産権ビジネスは、一般的に「低リスク」と「高リスク」に分類されます。

この分類により、バハマのインスコープ知的財産ビジネスに適用されるES要件は、他の一般的な関連活動と比べて、少し異なり、より複雑なものとなります。


知的財産は、以下の基準を満たす場合、高リスクの資産とみなされます。

関連当事者から取得したものである、または
バハマ国内での研究開発活動を通じて取得されたものではない場合
関連当事者へのライセンス供与または販売、または
関連当事者がバハマ国外で行った活動を通じて収益化された場合。
3. バハマの経済的実体の要件
包括的テストには、取締役会の経営管理、妥当性、CIGA の 3 段階がある。一般事業とは異なり、持株会社や知財事業では、いくつかの異なるES要件が存在します。

ヒント
ヒント

バハマ法人がES要件を免除されるのはどのような場合ですか?

バハマの居住者によって所有され、バハマで中核的な収入を得る活動をしている場合。
バハマ国外で一元的に管理・統制されており、バハマ国以外の管轄区域に税務上の居住者がいる場合。
テスト1:取締役会の運営と管理
バハマで十分な回数の取締役会を開催する必要があります。
重要な決定事項は、議事録に記録されなければならない。
取締役会の定足数は、バハマに物理的に出席していなければならない。
すべての会議は記録され、バハマに保管されなければならない。
取締役会は、職務に責任を持つための専門知識と知識を有していなければならない。
テスト2:適切なレベル
関連する活動に従事する、適切な数のフルタイムの有資格の従業員を有していること。
バハマでの活動に関連する適切な額の営業経費を有していること。
バハマに適切な物理的事務所があること。
バハマ法人のコンプライアンス要件は、こちらのツールでご確認ください。

ESツール
経済的実質ツール
貴社が経済的実体の要求事項の対象となるかどうかを確認しましょう。

オフショア法人設立はこちらから