BVIで暗号通貨を扱う事業会社を活用する方法とは?

英領ヴァージン諸島(BVI)は、世界最大級のオフショア司法権の一つとして広く知られています。同国は、世界の起業家、特に暗号関連のビジネスを立ち上げ、ホストし、発展させたいと考えている人々にとって魅力的な目的地となるための大きなステップを踏み出しました。

本日の記事では、英領ヴァージン諸島における暗号通貨の状況、暗号ビジネスの主な利点と欠点、さらにBVIにおける暗号通貨のためのビジネスカンパニーの設立方法に関する洞察について説明します。

BVIにおける暗号通貨の現在の状況
暗号に対する政府の姿勢
現時点では、政府は暗号通貨に対する規制のアドバイスやガイダンスを特定の形で持っておらず、仮想資産、ブロックチェーン、金融技術全般に対する枠組みも発表していません。

同法域は、暗号通貨に合わせた支援的な法的枠組みを開発する意志を表明していますが、法案の草案や協議は発表されていません。

BVIにおける暗号に関する規制
2020年7月10日、BVI金融サービス委員会(FSC)は、暗号関連活動の規制は、既存の金融サービス法の下で決定されることを確認しました。

したがって、暗号通貨取引所の運営や暗号融資に関わる活動を行う企業は、コンプライアンスを確保するために、提案する活動が既存の法律の範囲内に入るかどうか、慎重に検討する必要があります(一部を抜粋)。

2010年証券投資事業法(SIBA)
投資ビジネスのライセンス、規制、監督、および関連する目的を規定する法律。

BVI金融サービス委員会は、仮想資産商品またはサービスが交換媒体を超える利益または権利を提供する場合、SIBAの下で捕捉される可能性があることを確認しています。

2008年マネーロンダリング規制(MLR)。
この規則は、顧客デューディリジェンス措置を適用することにより、BVIにおけるマネーロンダリングおよびテロ資金調達を防止および検出することを目的としています。

それにもかかわらず、企業は、この規則の適用範囲に入るかどうかにかかわらず、良いコーポレートガバナンスの問題として、マネーロンダリング防止の枠組みの遵守を考える必要があります。

1990年銀行・信託会社法(BTCA)改正法
同法は銀行および信託機関のプルデンシャル基準を定めているため、業務が銀行業務の範囲に含まれる暗号通貨企業にも適用されることになります。

2001年金融サービス委員会法(FSCA)
この法律の下、FSCは、BVI内またはBVIからのすべての金融サービスに対する広範な監督権限を有しています。

2009年金融・マネーサービス法(FMSA)改正後
暗号通貨取引が通貨交換サービスを促進するために使用されている場合、マネーサービスの提供とみなされる可能性があり、したがってFMSAの権限に含まれます。

BVIにおける主要な法律上の変更に関する最新情報
BVIにおける主要な法律上の変更に関する最新情報

BVI事業会社法(改正)(2022年)が最近制定され、会社の解散、無記名株式、記録管理措置に一定の重要な変更が加えられました。

会社のストライクオフ制度に関する追加の法律により、企業は将来のコンプライアンスのために良好な状態を維持する必要があります。

この追加法案により、関係者の間で新たな事務的な問合せが発生する可能性がありますが、混乱は生じないと予想されます。企業経営者は、将来のコンプライアンスのために、自社のBCが良好な状態にあることを確認し、保証する必要があります。

BVIで暗号通貨活動を法人化すべきか?
暗号通貨の世界的な使用と暗号通貨、取引、投資の増加により、多くの起業家がこの分野への参入を誘惑されています。

最近の調査研究では、世界のブロックチェーン市場規模は2025年に600億米ドルを上回り、複合年間成長率は69.4%になると予測されています。

そして、どのようなビジネスでもそうですが、暗号通貨活動の法人化を検討することが理にかなっている時期がやってくるでしょう。

暗号通貨を利用したビジネスを展開する場合、最も一般的な法的構造として、BVIビジネスカンパニー(BC)を選択することができます。

ビジネス・カンパニーは、BVIビジネス・カンパニー法2004(BCA)に基づき設立された法人で、柔軟性、比較的自由な資金の流れ、低い設立コストを証明するものです。暗号通貨が違法行為と関連していないことを条件に、BCを使用して暗号ベースの業務に従事することができます。

BVI企業の暗号ライセンスに関するきちんとした法律はありませんが、BCはFSCが定める規則に従って暗号ベンチャーを行うためのライセンスを取得することが期待されます。

ライセンスなしで暗号会社を始める?

BVIでBCを登録し、サードパーティファンド(例:アセットマネジメントやキャピタルマネジメント)を行う場合、運営を開始するために暗号ライセンスを取得する必要は一切ありません。この件に関する実践的なアドバイスは、当社までご連絡ください。

オフショア法人設立はこちらから