RAKインターナショナル会社の概要

ラスアルハイマ国際企業(RAK IC)は、UAE外でビジネスを行うという点では一流の選択肢かもしれません。しかし、これらの発言の背景にはどのような理由があるのでしょうか。当社と一緒に考えてみましょう!

1. RAK国際企業早わかり
アラブ首長国連邦の独立連邦首長国の一つであるRAKは、ペルシャ湾の東側に位置し、面積は約1,700平方キロメートル。ドバイが脚光を浴びる中、RAKはこの地域で最も必要なビジネスハブのひとつに成長しました。

RAKは、理想的なオフショアの管轄権に関して、あらゆる面で完璧な国の一つであることは神話ではありません。RAKは、観光、産業、貿易、商業、不動産などを中心に、極めて重要な経済発展と多様化を遂げてきました。RAKは、観光、工業、貿易、商業、不動産に重点を置いた経済発展と多様化を遂げており、この経済発展は、外国直接投資に対するビジネス歓迎の政策によって支えられています。

RAKインターナショナル・カンパニー(RAK international business company)は、UAEにオフショア会社を設立しようとしている外国人にとって、急速に有名な選択肢となりつつある非居住者会社です。この人気の根本的な理由の一つは、非課税の環境でビジネスを行うために、UAEに資産保全のプラットフォームを作りたいということです。

オフィスで働く人々 1.1. RAK ICのメリット
RAK ICに付属するのは、理想的なメリットの数々です。

所有権:RAK ICの外国人所有権は100%です。
低税率。法人税、所得税、源泉徴収税、輸出入税は0%です。2018年1月1日、UAEは少額の付加価値税(VAT)を含んでいます。いずれの場合も、米国市民および全世界所得に課税される国の住民である個人は、すべての所得を税務当局に報告する必要があることに留意してください。
機密保持。株主や役員の氏名は公開されない。
有限責任。株主の責任は、株式の未払額に限定されます。
さまざまな事業分野 トレーディング、サービス、アドバイザリー・コンサルティング、投資、オンラインビジネス、グローバル資産の保有会社など。
会計処理の必要なし。標準的な会社の会計処理のみが必要です。会計申告の準備や監査役の選任は必要ありません。また、口座へのアクセスも不要です。
言語 英語はRAKの公用語ではありませんが、事業活動に関わる文書はすべて英語で記載されています。
1.2. RAK ICのデメリット
他のオフショア法人と同様に、ラスアルカイマの国際企業もいくつかの欠点を抱えています。

RAKのオフショア法人は、UAE国内でいかなるビジネスも行うことができません。また、現地で施設を借りたり、現地でスタッフを雇用することもできません。

さらに、この種のビジネスではUAEの居住ビザを取得することができません。RAKインターナショナル・カンパニーには、納税者証明書も付属していません。

市庁舎内に立つ人々1.3. RAK ICの使用例
RAK ICは、実際には様々なビジネス用途に使用されることを想定しているといっても過言ではありません。その用途の一部を紹介します。

株式の保有 RAK ICは、持株会社として利用することが可能です。しかし、このような事業体では、UAEが締結している二重課税防止条約の適用を受けることができませんので、注意が必要です。このようなメリットを享受したい場合は、オンショア法人を登録する必要があります。
プロジェクト開発 国際的なプロジェクトがこのようにノンストップで成長している現在、プロジェクトの内部資金調達やその他の関連活動のための特別目的事業体としてRAK ICを持つことは、あなたのビジネスにとって理想的な決定と言えます。
国際貿易 UAEを除く全世界を対象とした貿易を行う場合、RAK ICは最も効果的で有利な選択となります。
国際ロジスティクスとサービス 事業活動にほとんど制限がないため、国際物流やサービス業に最適です。
特許・知的財産の保有 RAK ICのビジネス構造は、特許やその他の知的財産をその名義で保有する上で、非常に競争力のある選択肢となります。
銀行口座の開設 個人的な取引や資産の機密保持がお望みなら、このようなビジネス形態が必要かもしれません。RAKの国際企業であれば、世界中に銀行口座を開設することができます。
2. RAK ICの税制
ラスアルハイマは「無税」首長国であるおかげで、ビジネスマンのための有名な目的地です。これは、RAK ICを運営する際に、直接的な法人所得税や富裕税がかからないということも意味しています。また、RAKのICとしてビジネスを行う場合、源泉徴収税もゼロです。ただし、税務署に登録した企業には5%の付加価値税が課されます。

オフショア法人設立はこちらから