デラウェア州の企業にとって一般的なバンキングソリューションとは?

デラウェア州の企業、特に非居住者から最も多く寄せられる質問のひとつが、ビジネス口座の開設方法です。米国居住者の場合、銀行口座開設の手続きは簡単ですが、非居住者の場合はかなり複雑です。そのため、多くのデラウェア州企業が、米国の伝統的な銀行口座ではなく、電子マネー機関(EMI)のような代替ソリューションを好んでいます。それでは、どちらが最適なソリューションなのか、ご説明しましょう。

デラウェア州の企業にとって一般的な銀行業務とは?
デラウェア州でのビジネス銀行口座の開設
デラウェア州での伝統的な銀行業務
デラウェア州は、州政府によって制定された高利貸し法により、米国内でもトップクラスの銀行管轄区域とされています。この法律により、デラウェア州の銀行は融資の金利を自由に設定することができるため、アメリカ国内のみならず世界中の銀行がデラウェア州に集まり、ビジネスを展開しているのは驚くことではありません。

フォーブスによると、デラウェア州の人口は全米の0.3%に過ぎないが、米国のクレジットカード発行会社の50%がデラウェア州を事業拠点としている。

以下は、デラウェア州の大手銀行とクレジットカード会社のグループです:

バンク・オブ・アメリカ
バークレイカード
チェース
シティ
ディスカバー
ゴールドマン・サックス
ウェルズ・ファーゴ
HSBC
米国のほとんどの銀行では、銀行口座の開設に際して本人が銀行に出向く必要があります。

この点で、非居住者が米国の銀行口座を開設する際には、より複雑な手続きが必要となる傾向があります。そのため、デラウェア州の銀行口座開設は、非居住者がダイヤモンド州でビジネスを始める際に、最も困難な作業となる可能性があります。

米国内の銀行で口座を開設するのは難しいですが、非米国居住者が口座を開設する場合、HSBCのように世界中に支店を持つ銀行を選ぶのも一つの手です。

支店申請であれば、デラウェア州の企業にとっては、アメリカまで飛んでいくのではなく、より身近な場所で口座開設ができるため、利便性が向上する。しかし、彼らがデラウェア州企業のために選択できる銀行グループは限られています。

デラウェア州銀行口座開設の方法
デラウェア州法人が州の銀行口座を持つことは必須ではありません。デラウェア州の銀行口座は、米国内の他州で開設したものをデラウェア州での事業運営に利用することができます。これは、他州に本社を置く米国銀行の多くが、デラウェア州にも子会社を設置しているためです。

デラウェア州の銀行口座は、法人設立証明書を取得した後に開設することができます。銀行口座開設の要件は、選択する銀行によって異なる場合があります。

ローカルバンクで銀行口座を開設するにしても、支店申し込みで申し込むにしても、ほとんどの米国銀行で以下の情報が必要となります:

法人の登記簿謄本、
運営契約書(LLCの場合)、
細則、総会議事録、株券(法人の場合)、
連邦税ID番号(雇用者番号とも呼ばれる)*、
銀行書類を受け取るための物理的な住所、
会社の有効なID

オフショア法人設立はこちらから