金融事業開業パッケージ2

金融事業開業パッケージ2

「金融事業開業パッケージ2」は、金融事業者に対して柔軟な要件、世界的な規制基準への準拠および高いレベルの法的保護により魅力的な法域(スキームの関係上、正式にお申し込み後に公開)で金融事業者ライセンスを取得し、外貨両替サービス、資金送金サービス、口座及びカード発行、決済サービス、仮想通貨取引等、貴方自身が金融事業者として世界中の顧客に様々な金融サービスを合法的に提供できることを意味し、 オフショアビジネスとして最もステータスが高く、非常に価値のある無限の可能性を秘めたパッケージとなっております。

当パッケージの金融事業者ライセンスでは、次の種類の金融活動が許可されます。仮想通貨取引のみを希望される場合は、「仮想通貨事業開業パッケージ」がお勧めです。

・外貨両替サービス
ある種類の通貨を別の種類の通貨に交換する取引を行う (たとえば、米ドルをユーロに交換する)。

・資金送金サービス
ある個人または法人から別の個人または法人への送金。資金を送金し、個人と企業の国境を越えた送金を実行します。マネーオーダー、トラベラーズ チェックまたはその他の同様の有価証券の発行または償還も可能です。

・口座及びカード発行
電子ウォレットを作成して顧客が資金を保管したり、顧客の電子ウォレットにリンクされた銀行口座に直接入金したりできるようにします。つまり、オンライン銀行として機能します。

・決済サービス
加盟店がPOS端末又はオンライン支払いゲートウェイページを介してカード支払いを受け入れることができるようにします。

・仮想通貨取引
法的通貨やほかの仮想通貨との交換が含まれます。決済手段としての仮想通貨の送金に関するサービスも提供可能です。

<キーポイント>

・プロジェクトの立ち上げから 6 か月で運用を開始できる数少ない選択肢の1つです。ヨーロッパで同様のライセンスを取得するには、最初から実際のローンチまで、1年半以上かかることもあります。

・ライセンスを取得するための要件には、授権資本に対する特別な金額はありません。これは、会社の資本金が最低350,000ユーロでなければならないヨーロッパのライセンスと比較して大きな利点です。

・法定通貨と暗号通貨の両方でサービスを提供できます。これにより、法定通貨と仮想通貨の取引に異なるライセンスが必要となるヨーロッパとは一線を画しています。

■金融事業者ライセンス取得までの流れ
当パッケージの金融事業者ライセンス取得までの流れは下記のとおりです。

1.各種書類、AML/CTF ポリシーの準備など(2週間)
2.現地の法的住所準備、法人設立、公証文書の準備(6~8週間)
3.銀行口座の開設(4週間)
4.現地AML担当者の準備、追加書類の準備など(2~3週間)
5.規制当局への登録(4週間)

オフショア法人設立や口座開設は日に日に困難になっています。 当社といえども突然ご依頼をお断りするような状況にならないとも言えません。 当パッケージは貴方自身の金融事業を開業できるまたとない機会ですので、ご検討中のお客様はお早めにご連絡ください。今回ご提供可能なパッケージはエージェントとの取り決めにより募集は限定(現在1社分のみご提供が可能です ※2024年2月7日更新)となっております。

金融事業開業パッケージ2

パッケージには、専任のコンサルタントによる完全サポート、現地法人設立、個別のAML/KYCポリシー、規制当局への登録、企業文書、銀行口座の開設、現地AML担当者の準備、現地ディレクターの準備、現地オフィスの準備などの全てが含まれています。

通常40,000,000円
只今割引中につき29,998,800円
⇒期間限定特価24,998,800円

※プリペイドMastercard発行が可能なカード会社開業パッケージと組み合わせることで、顧客の囲い込みや今後の事業拡大が大きく期待できます。

メーリングリスト登録

ご検討中の方や、オフショア法人設立にご興味のある方は当社メーリングリスト(無料)にご登録ください。シークレットキャンペーン等、お得な情報をお送りいたします。