香港法人設立

香港法人設立

<香港法人設立の特徴>

  • 外国人に完全な所有権を提供
  • 利益税率は8.25%~16.5%と低い。
  • 海外からの収入は法人税が免除される
  • 売上税、輸入税、キャピタルゲイン税、配当金や利子への課税がない
  • 居住者、非居住者を問わず、配当金や利息の支払いに対する源泉徴収税がかからない
  • 中国本土やアジア市場へのわかりやすいゲートウェイ
  • 世界銀行による2019年の「世界で最もビジネスをしやすい国」第4位

<香港法人設立の費用>

*1 設立までの期間は通常1~2週間です。法人設立費には政府および地方事務官、出先機関、登録事務所への納付金が全て含まれます。次年度更新費は300,000円/年となります。なお、香港法人は毎年の年次報告(香港内で事業しない場合100,000円のみ)が義務付けられております。

*2 オフショア法人では現地エージェントオフィスがその法人の登録住所として登録されますが、現地エージェントオフィスは政府からの郵便物以外は受け取りませんし、原則この住所をビジネスで使用することはできません。このためオフショア法人で何らかのビジネスを行う場合やウェブサイトで住所を記載する場合等にはバーチャルオフィスは必須となります。

*3 せっかくオフショア法人を設立されても、取引を行うウェブサイトをお住まいの国でホスティングされていては本末転倒です。当社では他国の干渉を受けない主権国(ブルガリア、オランダ、リトアニア、ルクセンブルグ、ロシア、シンガポール、香港)でのオフショアレンタルサーバーを提供しており、高いプライバシー保護と苦情による突然のサイト強制閉鎖を避けたい多くのお客様にご愛用いただいております。

close

メーリングリスト登録

ご検討中の方や、オフショア法人設立にご興味のある方は当社メーリングリスト(無料)にご登録ください。シークレットキャンペーン等、お得な情報をお送りいたします。