匿名日本口座付きオフショア法人 [NEW]

日本に法人設立や支店登記することなく、決済プロバイダー名義の匿名日本国内口座(大手都市銀行)を利用し、日本国内での銀行振込で顧客(個人法人問わず)からの支払いを受け入れることができ、さらにその資金をオフショア国内の決済プロバイダーのウォレットに日本円のまま自動的に入金できるオフショアソリューションをご提供いたします。

オフショア法人を設立されて既存ビジネスをオフショアに移動したり、オフショアで新規ビジネスを行っても、顧客が海外送金での支払いを嫌がるケースは少なくありませんので、日本国内での銀行振込で顧客からの支払いを受け入れることができるソリューションは大変価値があります。

もちろん日本(JPY)だけでなく、米国(USD)、オーストラリア(AUD)、ユーロ通貨諸国(EUR)、英国(GBP)など各国の現地口座を開設可能です。当社が通常提供しているデジタル銀行とは別の決済プロバイダーとなります。入金手数料なし、月額利用料や高額な出金手数料なども掛かりません。他の通貨への両替もわずか0.5-1%です。VISA又はMastercardのバーチャルプリペイドカードも1枚だけでなく、通貨毎に何枚でも無制限に発行可能です(カード発行ビジネスは行えません)。

さらに、ご希望の場合にはVISA/MasterCardによるクレジットカード決済や、セブンイレブン/ローソン/ミニストップ/ファミリーマート/デイリーヤマザキ/セイコーマートなどでのコンビニ決済の導入を無償サポートいたします。これらの売上もオフショア内のウォレットに日本円のまま自動的に入金されます。クレジットカード決済とコンビニ決済の手数料は日本国内での契約と同様に格安で4%程度です。

決済プロバイダーとの契約に必要となるオフショア法人と、これらの決済システムを導入したeコマースサイトをご提供いたしますので、管理画面からお好きな商品/サービスを登録すればすぐにビジネスを開始ただけます。eコマースサイトは納品時はシンプルなデザインとなりますが、別途このようなサイトでデザインテンプレートを入手すれば大変美しいサイトになります。

まだ具体的な事業が決まってない場合でも、このソリューションを一つ保有しておけば、既存のビジネスをオフショアに移動する際や、オフショアで新規ビジネスを開始する際に顧客からの売り上げ回収が大変スムーズです。

オフショア法人設立や口座開設は日に日に困難になっています。当社といえども突然ご依頼をお断りするような状況にならないとも言えません。 当パッケージはオフショア法人でありながら日本国内の法人のように様々な決済方法を導入できるまたとない機会ですので、ご検討中のお客様はお早めにご連絡ください。今回ご提供可能なパッケージはエージェントとの取り決めにより 募集は限定(現在2社分のご提供が可能です ※2021年11月24日更新)となっております。

<匿名日本口座付きオフショア法人>

パッケージには決済プロバイダーとの契約に必要となるオフショア法人、決済プロバイダーとの契約サポート、各種決済システムを導入したeコマースサイト、レンタルサーバーが含まれています。

通常5,000,000円
只今特別割引中につき2,998,000円

※仮想通貨決済機能も合わせて導入されたい場合、通常よりお得に導入が可能です。詳しくはお問い合わせください。